飛行機に乗らなくてもANAマイルを貯める方法!全てココに書いてあります!

当ブログ用にアクセスして頂きありがとうございます。

 

ANAマイルを貯める為には飛行機に乗らないといけない。そう思っている人が多いのではないでしょうか。もちろん間違ってはいません。実は、飛行機に乗らなくてもANAマイルを貯める事が出来るのです。

例えば、CMでも有名な「楽天カード」でもANAマイルを貯める事が出来ます。楽天カードは楽天市場、楽天トラベルなど楽天グループで購入したりすると支払い額の数%が楽天スーパーポイントとしてもらえますよね。貯めたポイントは1ポイント1円として楽天のコンテンツの支払いの一部として利用する事が出来るのですが、ANAマイルにも交換する事が出来ます。

2ポイントに対して1ANAマイルに交換出来ます。スーパーの支払いから携帯料金、光料金、NHK、保険などなど全ての支払いをクレジットカードで支払い、貯めたポイントをANAマイルに交換する方法もあります。

しかし、実際に飛行機にタダで乗る為に必要なANAマイル数を知ってしまうと永久にマイルは貯まらないのではないかと思ってしまいます。例えば、私達が大好きなハワイに行く為に必要なマイル数を見てみましょう。

人気のシーズンでエコノミークラスの場合、必要なANAのマイルは43,000マイルです。

全ての支払いを「楽天カード」で支払い、ゲットした楽天スーパーポイントをANAマイルに交換した場合、100円で1ポイントなので、860万円でやっと43,000ポイントが貯まる計算になります。気が遠くなるような金額ですよね。マイルを貯める事を諦めてしまいそうです。てか、貯める気にもなりません。

では、どうやって短期間の間に大量のマイルを貯める事が出来るのか。それは、とても簡単な方法で出来ちゃうのです。

これが陸マイラーがやっている短期間で大量のマイルを貯める方法!

まずは、私が短期間で獲得したマイルをご覧ください。下の画像を見て頂くと分かると思うのですが、加算マイルが18,000マイル入っている事が分かります。実は、18,000ANAマイルは1カ月で貯める事が出来たのです。

「1ヶ月で18,000マイル!?楽天カードで貯める場合、360万円の支払いがないと実現できない。」

確かに、クレジットカード払いでポイントを貯めた場合は、先が遠くなる話ですが、ポイントサイトを利用すると短期間に大量のマイルを貯める事が出来るのです。

「ポイントサイトって何?」

はじめて”ポイントサイト”というキーワードを見た人はポイントサイトを知らなければいけません。心配しなくても大丈夫です。ポイントサイトから詳しく書いていきたいと思います。

ポイントサイトの仕組みが分かるように図で説明していきましょう。

上記の画像を説明すると。

  1. 私達(パソコンのアイコン)が公式サイトではなく、ポイントサイト(真ん中のバナー)を経由して公式サイトで物を買ったり、契約したりします。
  2. お店(公式サイト)はお礼として、ポイントサイト(真ん中のバナー)に紹介料を渡します。
  3. ポイントサイト(真ん中のバナー)は私達に、ポイントサイトを経由して物を買ったり契約したりしたのでお店(公式サイト)の謝礼の一部がもらえます。

ポイントサイトの仕組み。分かりづらい図で申し訳ないです。

ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する!

ポイントサイトからもらったポイントは現金や他のポイントに交換する事が出来ます。今回は、貯めたポイントをANAマイルに交換するという目的なので、ポイントサイトで貯めたポイントを以下の図のようにポイントを移動させます。

少し面倒くさい作業が続きますが、ポイントサイトで貯めたポイントを「PEX」というポイントサイトにポイントを移動させます。上記の図を見た人は「PEXというポイントサイトでポイントを貯めない。一つ面倒な作業があるではないか。」と思うかもしれません。

実は、PEXというポイントサイトは、ポイントがもらえる案件が多く扱っていないのです。ただ、PEXはポイントサイトで貯めたポイントを集合させる事が出来ます。その為だけに利用する。と考えて頂ければと思います。

上記の画像のポイントサイトの交換先にはPEXポイントが存在します。例えば、当ブログイチオシのポイントサイト「ハピタス」を例にすると、ポイント交換にPEXが存在しています。

次に出てきたのが「東京メトロ」と書かれているのですが、これは東京メトロポイントです。PEXサイトのポイントは東京メトロポイントに交換する事が出来ます。

東京メトロポイントは「ソラチカカード」というクレジットカードを利用します。年会費がかかってしまうのですが、東京メトロポイントをANAマイルに交換する時の還元率が高い事から陸マイラーでは必須のクレジットカードとなっています。

ここで先ほどの楽天カードの比較になります。
楽天カードでは2楽天スーパーポイントに対して2ANAポイントでしたが、ソラチカカードを利用して東京メトロポイントからANAマイルに交換する場合、1東京メトロポイントにつき0.9ポイントで交換する事が出来ます。

ソラチカカードの公式サイトを見て頂いても分かる通り、東京メトロ→ANAマイルの交換率が高い事を売りにしています。

陸マイラー必須の「ソラチカカード」はゲットした?年間21,600マイルを貯める為に必要なカードです!

2017.02.23

高額な案件をこなす事が大量のマイルへの近道

長い長い説明もあと少しです。ここから短期間で一気にマイルを貯めれる理由です。

ポイントサイトには、高額なポイントがもらえる案件がたくさんあります。たまたま、ポイントUPキャンペーン中だったのですが、楽天カードをポイントサイトを経由して作ると高額なポイントがもらえるのです。

ポイントサイト「ハピタス」を見てみましょう。ポイントサイト「ハピタス」を経由して、楽天カードの公式サイトで楽天カードを作成すると、10,000ポイントがもらえます。「ハピタス」では1ポイント1円として計算します。

このポイントをANAマイルに交換するまでの道順を「ポイ探」という素敵なサイトでシミュレーションをする事ができます。先ほど、説明した道順の通り、ポイントサイト→PEX→東京メトロ→ANAとなっていますよね。

注目して欲しいのはANAのマイル数ですよ。年会費無料の楽天カードをポイントサイトを経由して申請するだけで、8,910ANAマイルを貯める事が出来るのです。

楽天カードだと1,782,000円の支払いで貯めれるポイントが、ポイントサイトで楽天カードを申請して作るだけで一気に1,782,000円の支払いをした事と同じとなるのです。

思い出してみましょう。ハワイに行く為に必要なマイルは以下の画像(ハイシーズン・エコノミークラス)だと、必要なマイル数の5分の1程度のマイル数を1回で貯めれるのです。

このように大量にもらえる高額なポイントの案件をこなし。ポイントサイトでもらったポイントを現金に交換するのではなく、ANAマイルに交換しているのです。

ポイントサイトを利用する事に慣れれば、43,000マイルを貯める事は簡単と思うはずです。この情報を知った私は夢だった家族でハワイ旅行が行ける!と確信しました。活動すれば以下のように簡単いマイルを貯める事が出来ますよ。

今日から陸マイラーになってみませんか?

いかがでしたでしょうか?

陸マイラーの存在を知ってしまうと今までお金を出して飛行機に乗っていた事が少しバカバカしくなってしまいますよね。

ポイントサイトは誰でも今日から無料ではじめる事が出来ます。あなたの日常生活でお金を支払う場面があった時、ポイントサイトを経由したらどれくらいポイントがもらえるのか。敏感に気になりだしたらあなたも立派な陸マイラーさんの一員です。

当ブログおすすめのポイントサイトの登録はこちらからできます。

ハピタスの登録はこちらから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
モッピーの登録はこちらから
モッピー!お金がたまるポイントサイト
ちょびリッチの登録はこちらから
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
ポイントタウンの登録はこちらから
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
GetMoney(ゲットマネー)の登録はこちらから
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

では!